Porsche911 レザーシートリペア、レザーシートコーティング

こんにちわ、店主の田中です。

温かくなったり、寒くなったり気温の変化が

激しいので体調にはお気をつけ下さい。

Porsche911 レザーリペア、レザーコーティング

お決まりの

汚れチェック!

距離は少ないのですが、かなり汚れています。

一通りクリーニングし

傷み具合チェック

サイドサポートに

擦れ、シワがあるのでオリジナルを生かし

最低限のリペアを。

以前、記事にしましたが、1~20000km位で

擦れてしまうので

最後にレザークリアコート

何よりも清潔に

革という素材は自己再生機能を持っておりませんので

延命の効果はメンテナンス次第となります。

近年のレザーシートは柔らかく高級感がありますが、擦れによるダメージを受けやすいです。

当店レザーコーティングは、強固な保護膜を形成し擦れ、汚れから守りますが

柔らかく高級感のある本革本来の質感を失いません。

新車はいつまでも清潔にレザーの保護を、

経年車のレザーは素材を痛めず汚れをしっかり落とし、

場合によっては最小限のリペアをし

室内を再びクリアな状態へ近づけることができます。

全てはレザーを知っているから出来る技術です。

この記事を書いた人

カービューティープロ歴20年以上。どうすれば車のポテンシャルを最大限まで活かせるのか?を追求するために

・塗膜別の研磨技術
・リペア技術と革を1から学び
・オリジナルを最大限生かすクリーニング
・それぞれの素材にあった材料

などなど多くのことを学びました。今でも最新の技術や素材の勉強は欠かしません。自動車に対する些細な事でもご相談ください。

目次