レザーリペアの「あるある」

こんばんわ、店主の田中です

もうすぐ12月、1年というものは早いですね

「レザーリペアのあるある」

経年車の中では商品として店頭に並べる為、

前オーナー様が擦れや傷が気になった事で

レザーリペアを行っている場合があります

現オーナー様が購入する以前に

レザーリペアを行っているクルマが入庫。

リペアを行っていますが

ヒビが気になり再度リペア

画像をご覧なられて何か気が付きませんか?

ではもう一度

赤丸は比較的、オリジナルに近いカラー

黄緑丸はお客様購入前のリペアのカラー

そうです

明らかに色が違います

実は結構「あるある」で

リペア前に設定的にクリー二ングを行わないと

汚れたカラーで調色することになり

そのまま塗装をすると画像のような

くすんだ汚れ色のシートになってしまいます

こちらは当店の作業です

施工した手直しは時間が2倍位掛かります

古い塗膜を落とし、

ヒビをパテなどの硬くなる材料を

使わず埋めくすんだ汚れ色を完全に除去し

ヒビを違和感の無いよう

しわに見えるように処理をし

オリジナルに近い色で調色をして

薄く塗装します

くすんでいた運転席が鮮やかな

オリジナルカラーになり
車内がが明るくなります

汚れの上から塗装した塗料も除去し、

汚れも除去したのでとても清潔です

お客様のクルマが
綺麗になり、清潔になり
良い状態に戻ると
私も気持ちいいですね

他にも「あるある」ネタ等を

メルマガで配信しているので

宜しかったらご登録ください

この記事を書いた人

カービューティープロ歴20年以上。どうすれば車のポテンシャルを最大限まで活かせるのか?を追求するために

・塗膜別の研磨技術
・リペア技術と革を1から学び
・オリジナルを最大限生かすクリーニング
・それぞれの素材にあった材料

などなど多くのことを学びました。今でも最新の技術や素材の勉強は欠かしません。自動車に対する些細な事でもご相談ください。

目次