ヴィンテージに。

こんにちは。店主の田中です。

秋の夜長に半田ゴテ片手に

エフェクター(ギターに使用する機材)をモディファイしています。

自動車のお話ではなく申し訳ありません。

なぜこんな事を始めたかと言うと尊敬するギターリストが

使用している物に音を近づけようと思い試みました。

私が使用している物は再販されたタイプで当時(80年代)の物とは中身、音が違います。

‘80年代の物を買えば?’と思いますが

これがまた‘ヴィンテージ’でビックリするほど高価なのです。

半田ゴテさえ使えれば中身の電子部品代は¥1000もしません。

半田ゴテは朝飯前なので。

 

ところで‘ヴィンテージ’ってどんな意味だ・・・・????

ジーパンやギター、家具、玩具にも使われているけど・・・・・

古い物、昔の物って意味か?

例えば‘1950年代のヴィンテージ物のジーパン’があるとします。

では1950年代や、それ以前の人は‘ヴィンテージ’という言葉は使っていたのだろうか?

最近出来た言葉なのか???

気になる~!!!半田ごてを置き、調べることに。

すると

         vintageとは本来、ワインにおいて、ぶどうの収穫から醸造を経て、

     瓶詰めされるまでの工程を表す言葉である。

            同一年に一定の区域から収穫されたぶどうのみを使って醸造されるワイン。                                                                             

     そのワインに使われたぶどうの収穫年を意味し、当たり年のワインを指すようになった。

      名品や、年代物の楽器・オーディオ・カメラ・衣料・自動車など

     希少品の意味に用いられるようになった。

                         

なんて書いてあった。

ブドウだとは思わなかったです。しかも語源はフランス語らしいです。

 

調べてみるものですね。

つまらない私の悩みの話を最後まで読んで頂きありがとう御座いました。

では。

 

Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
[`buzzurl` not found]
Share on FriendFeed

コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

▲ページトップへ

<< カービューティープロ尾山台トップへ