RollsRoyce CornicheⅢ レザーリペア

こんにちは。店主の田中です。

RollsRoyce CornicheⅢ レザーリペア

傷がある部分と退色した部分のリペアです。

コーニッシュの銀面拡大画像で御座います。

御存知の通り

コノリー兄弟社の‘Autolux’で御座います。

Autoluxはジャガー、フェラーリにも使用されていますが、

ロールスロイス、ベントレー用は

非常に柔らかく製造され

特級別格です。

上の画像のシボに見えるような凹凸は、

‘毛穴’

です。

毛穴???

ほとんどの自動車用レザーシートは、

生態時に傷がある革を使用し、傷を隠すために

ペーパー研磨(バッフィング)し、型押し(ボックス)し、分厚い塗装を施して仕上げます。

当然、毛穴も埋まり、硬い仕上がりになります。

しかしながら、このレザーは生態時に傷が無い物を選び、

バッフィングもボックスのせず‘そのまま’の銀面を使用しています。

ここで分厚い塗装を一気に施してしまえば、硬くなり、毛穴も埋まり、

ただの‘傷の無い’レザーになってしまいます。

柔らかく毛穴を残す為に、

薄く塗装し乾燥させ、また塗装し乾燥させの工程を繰り返し

薄く塗装することで毛穴も埋まらず、

尚且つ柔らかい仕上がりになり

毛穴の周りが盛り上がり立体感のある

高級バックや高級服の様になります。

新品の入手が容易であれば張替えがベストですが

既に新品は入手困難な状況で、選択肢はリペアのみになります。

分厚く塗装し毛穴を埋めるような雑はリペアで

別格な風合い、柔らかさを損なっては

手間をかけ製作したビルダーの方々に失礼になり、

自分のプライドが許さないので

同じような工法で、時間をかけ、

オリジナルの風合いや柔らかさを残しリペアします。

 .

.

.

リペア前

.

.

.

リペア後

御覧の通り、リペア後も風合いは変わりません。

オリジナルを大切に

Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
[`buzzurl` not found]
Share on FriendFeed

コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

▲ページトップへ

<< カービューティープロ尾山台トップへ