Ferrari Testarossa レザーリペア レザーコーティング

 こんにちは。店主の田中です。

今年もあと数日。

まだまだ全開で作業しております。

Ferrari Testarossa 内装リペア レザーコーティング(レザークリアーコート)

距離は少ないのですが、汚れでテカテカです。

IMG_7390

IMG_7388

サイドサポートは擦れがあり

IMG_7376

ドア内張りは経年変化で赤みが消え白くなり、

IMG_7373

IMG_7385

メーターナセルはテスタロッサお決まりの傷があります。

IMG_7381

まずはクリーニングから。

IMG_7401

シートを外し徹底的に、

お決まりの半分クリーニング

革の塗膜の状態を見て、その革の仕上げに合った施工で

きっちり丁寧にシボの中まで汚れを落とせば、

ほぼテカリも取れます。

IMG_7395

撤退的に汚れを除去しオリジナルのカラーを。

実はテスタロッサのレザーカラーは真っ赤ではなく少し白みががかった赤なのです。

続いてリペア。

リペア前

IMG_7390

リペア後

IMG_7411

リペア前

IMG_7376

リペア後

IMG_7421

リペア前

IMG_7373

リペア後

IMG_7434

リペア前

IMG_7385

リペア後

IMG_7404

リペア前

IMG_7381

リペア後

IMG_7429

最後に、最近大反響のレザークリアーコートVer,2

サイドサポートが張り出しているシートや、デニムで乗られる方にはお勧めです。

IMG_7419

IMG_7435

革という素材は自己再生機能を持っておりませんので

延命の効果はメンテナンス次第となります。

近年のレザーシートは柔らかく高級感がありますが、擦れによるダメージを受けやすいです。

当店レザーコーティングは、強固な保護膜を形成し擦れ、汚れから守りますが

柔らかく高級感のある本革本来の質感を失いません。

新車はいつまでも清潔にレザーの保護を、

経年車のレザーは素材を痛めず汚れをしっかり落とし、

場合によっては最小限のリペアをし

室内を再びクリアな状態へ近づけることができます。

全てはレザーを知っているから出来る技術です。

以前にも掲載致しましたが、10000Kmも乗らないうちに、擦れて色落ちしている車種が多数あります。

オリジナルを大切に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
[`buzzurl` not found]
Share on FriendFeed

コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

▲ページトップへ

<< カービューティープロ尾山台トップへ