Bentley Flying Spur レザーシートリペア レザーシートコーティング

こんにちは、店主に田中です。

早いもので今年も後2週間。

早くも2015年の予約を多数頂きありがたいです。

 

Bentley Flying Spur レザーシートリペア レザーシートコーティング

まずはクリーニングから。

革の塗膜の状態を見て、その革の仕上げに合った施工で

きっちり丁寧にシボの中まで汚れを落とせば、

ほぼテカリも取れます。

 製造段階で革の仕上げが車種グレードで異なるので、その仕上げに合った施工を致します。

硬いブラシやタオルでゴシゴシ擦るのは、塗膜を痛めるので×。

外装の塗装面をブラシでゴシゴシ洗車するとキズか付きますよね。それと同じです。

今回の革の仕上げには、密度の濃い柔らかいスポンジと、洗剤で。

IMG_5189 IMG_5193 IMG_5199

 

運転席、ドアインナーハンドルは傷みがみえます。

 

続いてリペア。

オリジナルの風合いを大切に、

そのレザーの仕上がりに合った最小限のリペアを。

IMG_5246
IMG_5209IMG_5216

 

 

クリーニング、リペアを施工し、レザー部分全てにコーティング。

IMG_5239IMG_5223IMG_5251IMG_5262

 

今回はシート以外に、ステアリング、シフトノブ、ダッシュ、

ドア内張り、アームレストを施工。

 

革という素材は自己再生機能を持っておりませんので

延命の効果はメンテナンス次第となります。

近年のレザーシートは柔らかく高級感がありますが、擦れによるダメージを受けやすいです。

当店レザーコーティングは、強固な保護膜を形成し擦れ、汚れから守りますが

柔らかく高級感のある本革本来の質感を失いません。

新車はいつまでも清潔にレザーの保護を、

経年車のレザーは素材を痛めず汚れをしっかり落とし、

場合によっては最小限のリペアをし

室内を再びクリアな状態へ近づけることができます。

 

全てはレザーを知っているから出来る技術です。

IMG_5265

Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
[`buzzurl` not found]
Share on FriendFeed

コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

▲ページトップへ

<< カービューティープロ尾山台トップへ